「韓国は盗撮犯罪が日常化」海外メディアが続々報道=韓国ネット「この分野ではすでに日本を抜いた」「外国人が考える韓国男のイメージは…」 – Record China

Home » 韓国 » 「韓国は盗撮犯罪が日常化」海外メディアが続々報道=韓国ネット「この分野ではすでに日本を抜いた」「外国人が考える韓国男のイメージは…」 – Record China
韓国, 韓国 性犯罪 コメントはまだありません



2016年10月19日、韓国・ヘラルド経済は、AFP通信やスイスの有力紙など海外メディアが韓国で急増する盗撮・隠し撮り犯罪について取り上げたことを受け、「韓国の隠し撮り性犯罪が国際的な騒動になっている」と伝えた。

韓国警察庁のまとめによると、韓国で発生した隠し撮り性犯罪は15年に7623件、11年の1523件と比べ急増している。全体の性犯罪に占める隠し撮りの割合は24.1%だ。AFP通信は18日(現地時間)、「韓国のスマートフォン普及率は世界で最も高いが、それだけにデジタル性犯罪も深刻なレベルに達している」とし、「韓国では03年からカメラの撮影音が義務化されたが、法の網を逃れるためのカメラ用アプリが多数開発され、これを悪用する事例が急増している」と指摘した。

また、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、「韓国では隠し撮り犯罪が日常化してしまった状態」とし、元韓国代表の競泳男子選手が女子選手の更衣室を盗撮していたとして起訴された事件を伝えた。またスイスの有力紙ターゲスアンツァインガーは「犯罪者の大部分は平凡な20〜30代の男性で、大学を卒業し事務職に従事するホワイトカラー」と説明、「彼らは単純な“好奇心”から罪を犯したと言うが、被害者である女性たちの不安は膨らんでいる」とした。

韓国女性弁護士会によると、カメラなどを利用した「撮影罪」の被告人の再犯率は53.8%に達するが、被告の約7割が罰金刑か執行猶予付きの判決を受けているという。

報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「公衆トイレ、プール、宿泊施設、地下鉄、野球場、そして夫も彼氏も信じられない。あらゆる隠し撮りが行われAVとして売られ共有される国」
「これだから男性嫌悪が起こるのは当然。女性は言葉だけで男性嫌悪を表現するけど、男は女性を殺したり襲ったり盗撮したりするのが問題」

「国際的な恥」
「さすが韓国男。世界に悪名をとどろかせたね」
「外国人が考える韓国人男性のイメージ:妻を殴る、隠し撮りをする」
「韓国男=性犯罪者だということを全世界に知らしめるべき」

「実の姉や妹まで盗撮してネットにアップするような男がいる。そんな人たちに何を期待する?」
「同じ韓国の男として恥ずかしい」
「この分野ではすでに日本を抜いた」(翻訳・編集/吉金)






コメントを残す