(トランプの時代)トランプ思想、支えるバノン氏 「TPP即時撤廃」「米の地位取り戻す」(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (トランプの時代)トランプ思想、支えるバノン氏 「TPP即時撤廃」「米の地位取り戻す」(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 トランプ米大統領の最側近の一人で、強い影響力があるバノン首席戦略官・上級顧問が23日、新政権誕生後はじめて表舞台に登場した。「経済ナショナリズム」や「行政国家の破壊」を政権の優先課題に挙げるなど、トランプ氏の物議をかもす言動は、バノン氏の思想が色濃く反映されていることが浮かび上がった。

 ワシントン近郊で23日にあった「保守政治活動会議(CPAC)」年次総会。トランプ氏の右腕2人、バノン氏とプリーバス首席補佐官がそろって登壇した。
 特に注目が集まったのはバノン氏。右派系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」の会長として、白人至上主義的な主張をするなどして物議をかもしてきた人物だが、表舞台で発言するのは、新政権誕生後初めてだったからだ。……本文:2,720文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す