(2017試練の欧州)「ルペン大統領」じわり現実味 フランス(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (2017試練の欧州)「ルペン大統領」じわり現実味 フランス(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 フランスの右翼・国民戦線(FN)のルペン党首が、4月に迫る大統領選の第1回投票に向けて先頭を走っている。与党・社会党の不人気に加え、野党候補の金銭スキャンダルも、固い支持層を持つルペン氏への追い風だ。「決選投票では敗れる」とも言い切れなくなりつつある。

 ルペン氏は26日、仏西部ナントで集会を開き、「大量の移民はもういらない」「国境を再構築する」と訴えて喝采をあびた。もともと左派が強い街。前日には労働組合などが呼びかけたデモがあり、危機感を強める約2千人の参加者が「FNにノン」などと叫びながら市中心部を練り歩いた。……本文:1,889文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す