マカオ・コタイ地区の大型IR建設現場で火災…500人以上避難(マカオ新聞)

Home » マカオ » マカオ・コタイ地区の大型IR建設現場で火災…500人以上避難(マカオ新聞)
マカオ, マカオ新聞, 中国・台湾 コメントはまだありません



 3月17日午後7時頃、マカオ・コタイ地区で建設中の大型IR(統合型リゾート)グランドリスボアパレスで火災が発生。作業員ら500人以上が避難し、負傷者はいなかった。

 警察および消防発表の情報を総合すると、火元は14階の塗料や建築資材を保管する倉庫で、消防がはしご車など17台の緊急車両及び52人の隊員を出して消火にあたり、およそ2時間で鎮火。およそ300平米が焼けたという。消防によればなお、現場は照明が少なく、複雑に入り組んだ構造となるなど安全上の問題があったため、救援作業の難易度が高かったとのこと。

 マカオ司法警察局では、消防から出火原因に疑わしい点があるとの報告を受け、捜査を進めているとしている。

 グランドリスボアパレスはマカオのカジノ運営ライセンスを保有する6社の一角、SJMホールディングスが2018年オープンを目指して開発を進めている大型IR施設で、パラッツォ・ヴェルサーチホテル、カール・ラガーフェルドホテルなど3つのホテル、カジノ、料飲施設などで構成されるという。

【関連記事】



コメントを残す