チ・ヒョヌ「泥棒野郎、泥棒様」に出演確定…少女時代 ソヒョンと共演 – Kstyle

Home » 韓国 » チ・ヒョヌ「泥棒野郎、泥棒様」に出演確定…少女時代 ソヒョンと共演 – Kstyle
韓国, 韓国 性犯罪 コメントはまだありません



写真=May Queen Pictures

俳優チ・ヒョヌがドラマ「泥棒野郎、泥棒様」の主人公に抜擢された。

チ・ヒョヌはMBC「お父様、私がお世話します」の後番組で、韓国で5月放送予定であるMBC新週末特別企画「泥棒野郎、泥棒様」(脚本:ソン・ヨンモク、チャ・イヨン、演出:オ・ギョンフン) の男性主人公チャン・ドルモク役にキャスティングされた。「泥棒野郎、泥棒様」は、大韓民国を隠密に操っている少数の既得権勢力に、痛快な打撃を与える愉快な泥棒の物語を描く50部作ドラマだ。

チ・ヒョヌが演じるチャン・ドルモクは、秀麗な容姿に優れた弁舌、様々な運動にも優れた能力を備えているミステリアスな泥棒。昼間は便利屋を運営し、夜は泥棒になり、少数の既得権勢力の物品を盗む、昼と夜が正反対のキャラクターだ。相手役としてカン・ソジュ役を演じる少女時代のソヒョンと初めての演技呼吸を合わせ、ああだこうだ言いながらも予測不可能な甘いコンビとして、劇に面白さを与える予定だ。チ・ヒョヌの週末ドラマ出演は、2011年に放送されたMBC「千回のキス」以来6年ぶりだ。

これまでチ・ヒョヌは「イニョン王妃の男」「ラブリー・アラン」「錐」「ウォンテッド」など作品ごとに、多彩なキャラクターを引き受け、シンクロ率100%の熱演で視聴者から好評を受けてきた。

特に前作「ウォンテッド」では、犯罪者を懲らしめる強力班の刑事を演じたチ・ヒョヌが、今回の作品では市民の立場で懲らしめる役に変わり、視聴者に一風変わった演技変身を披露すると期待を集めている。

製作会社May Queen Pictures側は「デビュー後から様々な作品に真剣に向き合い、安定した演技で認められてきたチ・ヒョヌが、強心臓のチャン・ドルモクのキャラクターにしっかり成りきるであろうと確信している」とし、「今まで見たことのない新たな魅力的なキャラクターの演技変身に、多くの関心と期待お願いしたい」と述べた。

特に今回の作品に集中すると言われているチ・ヒョヌは、シニカルなカリスマ性とアクション演技まですべてを見せる予定で、ドラマへの期待を一層高めている。

MBC新週末特別企画「泥棒野郎、泥棒様」は「メイクイーン」「黄金の虹」「華麗なる誘惑」などお茶の間劇場で多くの話題を集めたソン・ヨンモク、チャ・イヨン作家が共同執筆し、「火の鳥」「ラブレター」で優れた演出力を見せてくれたオ・ギョンフンプロデューサーがメガホンを取る。

記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 前田康代






コメントを残す