翡翠による「満漢全席」登場、本物そっくりの偽物に注目集まる―中国

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » 翡翠による「満漢全席」登場、本物そっくりの偽物に注目集まる―中国
レコードチャイナ  コメントはまだありません



「紅皮焼鶏」、「梅菜扣肉」、「水晶煎餃」などの有名料理が翡翠の彫刻で作られた「満漢全席(清朝の高級宮廷料理)」が22日、雲南省昆明市の古■翡翠博物館(■はさんずいに真)に登場し、多くの市民の注目を集めた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

この「満漢全席」は、計50種類の有名な中国料理で構成されている。赤身と白身が層をなしているブタの角煮やエビの蒸し物、さらには豚骨スープまで、当日展示された作品はいずれも、本物ソックリ。なかでも黄色い翡翠で彫り上げられた鶏の丸焼きはまるでたった今、焼きあがったばかりと言わんばかりの色合いになっており、本物と寸分たがわぬ出来となっている。

鑑賞するだけで食べることはできないが、思わず涎がこぼれそうなこれらの豪勢な料理の数々に、多くの人々は長い間脚を止めて見入っていた。

来館していた同市の趙さんは、「毎日食べている料理が、翡翠の彫刻でここまで本物そっくりに作ることができるなんて、本当に驚きだ。翡翠という食材も、なかなか味わい深い」と感激した様子で話した。

翡翠でできた「満漢全席」は、福建省出身の彫師である鄒万通さんが十年の歳月をかけて完成させた。珍しい石で作られた一般的な作品とは異なり、この「料理」は全て、天然の翡翠を使っているということだ。(提供/人民網日本語版・編集/KM)






コメントを残す