中国「一帯一路」戦略が進展、AIIB加盟国増加の影響は? – マネーポストWEB

Home » 中国 » 一帯一路 » 中国「一帯一路」戦略が進展、AIIB加盟国増加の影響は? – マネーポストWEB
一帯一路, 中国 コメントはまだありません




田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国の「一帯一路」戦略が進展

中国の「一帯一路」戦略が進展

 中国本土市場では「一帯一路」戦略関連銘柄への関心が高まっている。一帯一路戦略とは、中国中西部と中央アジア・欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、中国沿岸部と東南アジア・インド・アラビア半島・アフリカ東を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(一路)の2つの地域でインフラを整備し、経済・貿易関係を強化するといった大構想であり、習近平国家主席が外交・経済発展戦略として最も重視する政策の一つである。

 直近では2つほど好材料があった。一つはアジアインフラ投資銀行(AIIB)の加盟国が大きく増えたことである。

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)のオーロラ報道官は3月23日、「北京金融街のAIIB本部において、董事会を開催、13カ国・地域の新規加入を決定した」と発表した。

 一帯一路戦略に関連する地域からは、アフガニスタン、アルメニア、フィジー、香港、東ティモールなどの5カ国・地域、非関連地域からは、カナダ、ベルギー、エチオピア、ハンガリー、アイルランド、ペルー、スーダン、ベネズエラなど8カ国が加入し、加盟国は70カ国・地域となった。ちなみに、G7で加盟していないのは、日本とアメリカだけとなった。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。






コメントを残す