北朝鮮に正男氏の遺体引き渡し認めるも移送中止か=マレーシア紙(聯合ニュース)

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 北朝鮮に正男氏の遺体引き渡し認めるも移送中止か=マレーシア紙(聯合ニュース)
聯合ニュース, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



【香港、ジャカルタ聯合ニュース】マレーシア政府が北朝鮮にとどめ置かれているマレーシア国民9人を全員帰国させる条件で、マレーシアで先月殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体を北朝鮮側に渡すことで合意したと、現地の中国語紙「中国報」が27日、報じた。事件の容疑者である北朝鮮国籍の3人のマレーシア出国も保障されるという。

 治外法権の在マレーシア北朝鮮大使館には、正男氏殺害にかかわったとされる同大使館2等書記官のヒョン・グァンソン容疑者、北朝鮮の航空会社・高麗航空職員のキム・ウクイル容疑者、リ・ジウ容疑者の3人が身を潜めているとされる。

 これまで北朝鮮側は現地警察の捜査要求に応じてこなかったが、26日に突然、捜査チームが同大使館に立ち入ることを認めた。先週末から始まった北朝鮮とマレーシア間の非公式交渉で調整が図られたとの見方が出ている。

 中国報は、ヒョン容疑者とキム容疑者が北朝鮮大使館のハン・ソンチョル3等書記官、最近マレーシア警察の捜査線上に浮かんだ北朝鮮国籍のチャン・ソンチョルの2人と共に27日夜に出国する予定だったが、土壇場でキャンセルしたと伝えた。理由は分かっていない。また、リ容疑者は出国者のリストに名前がなかったようだ。

 同紙はまた、26日午後にクアラルンプールの病院から搬出され近郊の葬儀施設に運ばれたとされる正男氏の遺体が、火葬されずそのままの状態で北朝鮮当局者に同日引き渡されたと伝えた。その上で、遺体がこの日、クアラルンプール国際空港から北京経由で平壌行きの航空機に載せられるとの見方を示した。

 別の現地中国語紙「東方日報」と「光華日報」は、遺体が同日午後5時半まではクアラルンプール国際空港の貨物輸送センターにあったが、9時15分ごろに再び市内の病院に戻ったと伝えた。マレーシア保健省の当局者は「解剖医たちが遺体に再び防腐処理をする必要があるか確認する予定だ」と述べたという。

 こうした報道が事実なら、ヒョン容疑者らが出国予定をキャンセルしたのは、正男氏の遺体の移送が衛生問題などを理由に延期されたためという解釈が可能だ。ただ現地では、遺体がマカオに移送されるという話など、事実関係が確認されていない報道が飛び交っている状況だ。

 マレーシアのザヒド副首相は26日に記者団に、北朝鮮との交渉内容を27日に発表すると述べたが、発表はずれこんでいる。

【関連記事】



コメントを残す