【北朝鮮情勢】日米・米韓、軍事訓練で対北警戒 米原潜は釜山入港(1/2 … – 産経ニュース

Home » 北朝鮮 » 【北朝鮮情勢】日米・米韓、軍事訓練で対北警戒 米原潜は釜山入港(1/2 … – 産経ニュース
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



 【ソウル=名村隆寛、ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮は朝鮮人民軍の創建85年の記念日にあたる25日、日本海側の南東部にある元山一帯で過去最大規模の砲撃訓練を行った。韓国国防省が明らかにした。一方、日米韓3カ国は北朝鮮が創建記念日に合わせて6回目の核実験や弾道ミサイル発射を強行する可能性があるとみて警戒。米海軍は日本、韓国とそれぞれ、共同訓練を実施した。

 朝鮮人民軍の砲撃訓練には長距離砲など300~400門が投入されたという。韓国の聯合ニュースは政府筋の話として、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も視察したと報じた。

 北朝鮮は、トランプ米大統領が武力行使を含む「全ての選択肢」を視野に入れていることに過敏になっているもようで、米国を刺激する核実験や弾道ミサイル発射を避け、砲撃訓練に変更した可能性も指摘されている。北朝鮮は昨年3月、米韓合同演習に対抗、大規模砲撃訓練を行っている。

 一方、北朝鮮の動きを警戒する防衛省海上幕僚監部は25日、海自の護衛艦「ちょうかい」と米海軍の駆逐艦「フィッツジェラルド」による共同訓練を日本海で同日行ったと明らかにした。日本の艦艇が日本海で共同訓練した事実が公表されるのは珍しい。日米はこれに先立ち、フィリピン海でも米原子力空母カール・ビンソンと護衛艦「あしがら」「さみだれ」などによる共同訓練を行った。

続きを読む






コメントを残す