マカオカジノ6社の2016年業績出揃う…合計利益約4千億円(マカオ新聞)

Home » マカオ » マカオカジノ6社の2016年業績出揃う…合計利益約4千億円(マカオ新聞)
マカオ, マカオ新聞, 中国・台湾 コメントはまだありません



 マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6社の昨年度(2016年1~12月期)の業績が4月26日付のマカオ政府公報に掲載された。

 マカオのカジノ売上は長く低迷が続いたが、昨年後半から回復が進んだことを受け、収益の改善につながった社もあり、6陣営合計の利益はおよそ290億パタカ(日本円換算:約4014億円)に達した。

 マカオ半島を主な拠点とし、「リスボア」ブランドのカジノ施設で知られるSJM社のカジノ売上は、前年から14.8%減の427億パタカ(約5927億円)で、調整後EBITDAは33億パタカ(約458億円)。税引後利益(純利益)は28億パタカ(約389億円)、グループ全体の税引後利益は25億パタカ(約347億円)。

 マカオ半島で「スターワールド」、コタイ地区で「ギャラクシーマカオ」などの大型IR(統合型リゾート)を展開するギャラクシーカジノ社の売上高は3.3%増の522億パタカ(約7245億円)。株主に帰属する純利益は71億パタカ(約985億円)。同社マネジメント層基準計算によるカジノ売上は510億パタカ(約7079億円)。

 マカオ半島で「サンズマカオ」、コタイ地区で「ヴェネチアンマカオ」、「サンズコタイセントラル」、「パリジャンマカオ」(16年下半期開業)などの大型カジノIRを展開するヴェネチアンマカオ社の売上高は2.3%減の534.9億パタカ(約7424億円)、株主に帰属する純利益は15.0%減の104.3億パタカ(約1448億円)。

 マカオ半島で「ウィンマカオ」、コタイ地区で「ウィンパレス」(16年下半期開業)の大型IRを展開するウィンリゾーツ(マカオ)社の売上高は15.7%増の288億パタカ(約3997億円)、調整後EBITDAは9.1%増の53億パタカ(約736億円)。カジノ売上は14.9%増の212億パタカ(約2942億円)。利益は21.6億パタカ(約300億円)。

 マカオ半島で大型IR「MGMマカオ」を展開するMGMグランドパラダイス社の売上高は15.8%減の184.9億パタカ(約2566億円)、調整後EBITDAは3.7%減の46.3億パタカ(約643億円)、利益は2.4%減の31.6億パタカ(約439億円)。

 コタイ地区で大型IR「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」及び「スタジオ・シティ マカオ」、タイパ島で「アルティラマカオ」、マカオ半島を中心に「モカ・クラブ」ブランドでスロット専門カジノを展開するメルコクラウン(マカオ)社のカジノ売上は346億パタカ(約4802億円)、利益は35.6億パタカ(約494億円)。

 ちなみに、昨年通期のマカオのカジノ売上は3.3%減の2232.10億パタカ(日本円換算:約3兆0981億円だった。






コメントを残す