国連安保理 28日に北朝鮮の核問題を話し合う閣僚級会合 – NHK

Home » 北朝鮮 » 国連安保理 28日に北朝鮮の核問題を話し合う閣僚級会合 – NHK
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



北朝鮮の核やミサイル開発に各国が警戒を続ける中、国連の安全保障理事会では28日に開かれる閣僚級の会合で、北朝鮮への圧力を強めるため結束を示すべきだという声が上がっていて、会合で、北朝鮮にどのようなメッセージを発するのか注目されます。

国連の安保理は、北朝鮮の核やミサイル開発を阻止するため、制裁決議を採択するなどしていて、今月28日には議長国アメリカのティラーソン国務長官が議長を務めて、北朝鮮の核問題を話し合う閣僚級の会合が開かれます。

これを前に、安保理のメンバー国からは25日、会合への期待や意欲を示す声が聞かれました。

フランスのドラットル国連大使は次のステップはこの会合だと強調したうえで、「北朝鮮に最大限の制裁を科さなければならない」と述べました。

また、イギリスのライクロフト国連大使は「北朝鮮は最大の課題であり、アメリカ、日本、韓国や、その他の同盟国と肩を並べて、北朝鮮の脅威に適切に対処していけるようにする」と述べ、会合への意欲を示しました。

さらに、スウェーデンのスコーグ国連大使は「安保理には、これまでの制裁決議の完全な履行を含めて、結束する必要があるという共通認識がある」と述べて、北朝鮮への圧力を強めるため、安保理は結束を示すべきだという認識を示しており、28日の会合で、安保理が北朝鮮にどのようなメッセージを発するのか注目されます。






コメントを残す