(朝鮮日報日本語版) 「何倍にもして返してやる」 文在寅陣営が「北にお伺い」暴露の元韓国外相を脅迫か(朝鮮日報日本語版)

Home » 媒体 » 朝鮮日報日本語版 » (朝鮮日報日本語版) 「何倍にもして返してやる」 文在寅陣営が「北にお伺い」暴露の元韓国外相を脅迫か(朝鮮日報日本語版)
朝鮮日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



 宋旻淳(ソン・ミンスン)元外交通商部(省に相当)長官は25日、「『共に民主党』文在寅(ムン・ジェイン)大統領選候補陣営の責任ある立場の人物から脅迫めいたテキストメッセージを受け取った」と述べた。文在寅氏側は24日、2007年の国連北朝鮮人権決議案に対する韓国政府の見解について北朝鮮に「お伺い」を立てて決定したという宋旻淳氏の回顧録の内容が名誉毀損(きそん)に当たるとして同氏を検察に告発した。

 宋旻淳氏は同日、CBSのインタビューで最近の心境を尋ねられ、「これが出たので文在寅陣営から『許さない』『何倍にもして返してやる』などのテキストメッセージを送りつけられた。私は『告発などをしようと思っている』と言い、実際に告発した」と語った。また、「誰がテキストメッセージを送信したのか」との質問に、同氏は「私が名前を今…」と言ってから言葉を止め、「(選挙運動陣営で)ある程度責任のある立場の人だ。そのテキストメッセージを(今も)持っている」と答えた。

 これについて、文在寅陣営は「もし事実なら、(そのメッセージを送ってきた人物の)携帯電話番号を公表してほしい。番号を教えてくれたら当陣営のどの人物がやったのか確認する」と言った。同陣営の関係者は「宋旻淳氏にやましいことがないなら、自身が総長を務めていた北韓大学院大学に辞表を提出する理由もなかった。もう反論する資料がなく、検察に告発されたため、本質とは関係ない暴露をしたのではないか」と語った。

 「脅迫メッセージ」疑惑とは別に、宋旻淳氏の回顧録で騒動が起きると、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権関係者の中には、同氏に対して失望を隠せないという人もいる。文在寅陣営の外交関係者は「宋旻淳氏の本が出版された昨年10月以降、同氏が参加する集まりには出ていない」と語った。

【関連記事】



コメントを残す