米軍、THAAD配備開始 中国の反発確実 – 毎日新聞

Home » 中国 » 米軍、THAAD配備開始 中国の反発確実 – 毎日新聞
中国 コメントはまだありません




 【ソウル米村耕一】在韓米軍は26日朝、最新鋭の迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の機材の一部を韓国南部・星州(ソンジュ)の配備予定地であるゴルフ場に搬入した。韓国国防省は「今回の一部配備によって当面の作戦運用能力を確保する」と発表しており、速やかに試験運用を開始する見通しだ。

 機材はすでに韓国内に到着していたが実際の配備や運用開始は5月9日の大統領選後との見方が強まっていた中での機材搬入で、韓国メディアは一斉に「電撃配備」と報じている。中国政府が強く反発するのは確実とみられ、北朝鮮の核・ミサイル開発に対する米中協調にも一定の影響を与える可能性がある。

 韓国メディアによると、在韓米軍は26日未明から午前4時にかけて、ミサイル発射台やレーダーなどTHAADシステムの主要な機材の一部を大型車両で次々とゴルフ場敷地内に運び込んだ。韓国警察は前日深夜から約8000人の警備態勢をとっていた。

 韓国国防省は26日朝、「韓米両国は高度化する北朝鮮の核・ミサイルの脅威に備え、THAADシステムの速やかな作戦能力の確保のために努力してきた」と発表。米韓両政府は北朝鮮による軍事パレードでの新型ミサイル公開や米国の原子力空母派遣などによって朝鮮半島に緊張が高まる中で、THAAD配備のタイミングを探っていたとみられる。基地内の工事や環境影響調査を引き続き行い、年内の「完全な作戦運用能力の確保」を目指すという。

 THAADの配備完了と運用開始の時期については、今月中旬にペンス米副大統領が訪韓した際、米ホワイトハウス当局者が「(韓国の)大統領が決まるまで流動的だ」と発言したことなどから、大統領選後との見方が強まっていた。大統領選最有力候補の「共に民主党」の文在寅氏も次期政権での配備を主張していた。







コメントを残す