韓国「正しい歴史認識が韓日関係の出発点」 竹島で抗議「即刻撤回を求める」、慰安婦問題には触れず – ZAKZAK

Home » 韓国 » 慰安婦 » 韓国「正しい歴史認識が韓日関係の出発点」 竹島で抗議「即刻撤回を求める」、慰安婦問題には触れず – ZAKZAK
慰安婦, 韓国 コメントはまだありません




 韓国外務省は25日、日本政府が2017年版外交青書で島根県・竹島(韓国名・独島)に韓国の国会議員が16年に相次いで上陸したことを「容認できない」と非難し、領有権を主張したことに対し、在韓日本大使館の鈴木秀生総括公使を呼んで抗議した。また「強く抗議し、即刻撤回を求める」とする報道官論評を発表した。論評では、従軍慰安婦問題での日本の少女像撤去要求には触れていない。

 論評は、日本が竹島の領有権を主張する「むなしい試み」を即刻やめよと要求。「正しい歴史認識が韓日関係の出発点であり、必要条件であることを自覚しなければならない」と主張した。

 大統領選の有力候補の陣営も一斉に日本を批判。中道野党「国民の党」の安哲秀候補の陣営は、慰安婦問題での15年の日韓合意で日本は「反省」などを表明しながらこれに反した行動をしていると主張、合意は受け入れられないと強調した。(共同)







コメントを残す