韓日米6カ国協議首席「北朝鮮の追加挑発時、耐えられない水準の懲罰的措置」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 韓日米6カ国協議首席「北朝鮮の追加挑発時、耐えられない水準の懲罰的措置」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



韓日米の6カ国協議首席代表は25日、北朝鮮が追加挑発を強行する場合、国連安保理の制裁決議や独自制裁などを通して、北朝鮮に耐えられない水準の懲罰的措置を講じる方向で合意した。

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の記者会見で、東京で開かれた韓日米6カ国協議に関して「きょうの協議はトランプ政府発足以降2回目に行われるものだ。3カ国協議は昨年12月13日のソウル、2月27日のワシントンに続いて2カ月に一度のペースで開催されている」としながら「このように協議が頻繁に開催されているのは、漸増する北核脅威に対して3国間の結束と緊密な共助を端的に示すもの」と明らかにした。

続いて、今回の協議で「3国は、非核化に関して北朝鮮の態度に全く変化がない今は、北朝鮮制裁と圧迫基調を維持・強化して、北朝鮮を非核化に導いていく努力に集中しなければならない時である点を再確認した」と伝えた。

また、「北核への対応に関し、最近の中国側の措置に注目しながら、このような中国の建設的な役割が持続・強化されるように3国が緊密に協議していくことにした」と付け加えた。

【関連記事】



コメントを残す