<サッカー>川崎サポーター、水原サムスンとの試合で「旭日旗」掲げ没収に(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » <サッカー>川崎サポーター、水原サムスンとの試合で「旭日旗」掲げ没収に(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



日本プロサッカーチームのサポーターが韓国チームとの試合に日帝の軍国主義を象徴する「旭日旗」を掲げて没収される事件が起きた。

NHKによると、25日、水原(スウォン)ワールドカップ競技場で開かれた水原サムスン・ブルーウィングスと川崎フロンターレのアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)の組別予選第5戦で、川崎のサポーター2人が試合前に旭日旗を掲げた。

これを見つけた水原サムスンのクラブ関係者が運営スタッフに連絡し、同旗は直ちに没収された。また、これに腹を立てた水原のサポーターが試合終了後に川崎側の観客席の出入口を塞ぐ騒動も起きたと同メディアは伝えた。

旭日旗は旧日本軍が軍旗として使っていたものだ。ナチス・ドイツを象徴するハーケンクロイツによくたとえられる。ドイツではハーケンクロイツが描かれた旗はもちろん、エンブレムやバッジ、ユニフォームなどを法で禁止している。だが、日本では自衛隊が今も旭日旗を使っている。また、極右団体やスポーツチームのサポーターが旭日旗を掲げて日帝から被害を受けた韓国など周辺国の国民から反発を受けている。

一方、この日の試合は1ゴールを決めた川崎が勝利を収めた。

【関連記事】



コメントを残す