中国の滴滴出行、ソフトバンクなどから50億ドル以上調達へ-関係者 – ブルームバーグ

Home » 中国 » 中国の滴滴出行、ソフトバンクなどから50億ドル以上調達へ-関係者 – ブルームバーグ
中国 コメントはまだありません



配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行は50億-60億ドル(約5570億-6680億円)の資金調達で近く合意すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実際に調達となれば、中国の新興企業としては企業価値が最大になるという。

  関係者のうち1人によれば、資金調達により滴滴出行の企業価値は約500億ドルと、米ウーバー・テクノロジーズの中国事業を買収した後に達した340億ドルから増加する。関係者らは情報が非公開だとして匿名を条件に語った。この企業価値はスマートフォンメーカーの小米を上回り、新興企業としてはウーバーに次いで世界で2番目の大きさとなる。滴滴出行への出資企業にはソフトバンクグループやシルバーレイク・マネジメント、中国の招商銀行、交通銀行の1部門が含まれると関係者らは語った。

  滴滴出行はこれまでのところ中国国内での配車サービスに注力しているが、国外への進出も目指しており、今回の調達により同社はそうした事業拡大のための十分な資金獲得が可能となる。滴滴出行はまた、自律走行車や人工知能などの技術への投資も検討している。

  滴滴出行はコメントを控えた。

  関係者のうち1人によれば、ソフトバンクの孫正義社長は滴滴出行の程維・最高経営責任者(CEO)に対し、新たな機会追求が抑制されないよう資金調達を働き掛けたという。

原題:Didi Said Near Deal to Raise at Least $5 Billion in Funding (1)(抜粋)




最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す