評論家・石平が読む『赤い韓国 危機を招く半島の真実』櫻井よしこ、呉善花著 反日の背後に北朝鮮の暗影 この厄介な国とどう距離をとるか – 産経ニュース

Home » 韓国 » 息を吐くように嘘を吐く » 評論家・石平が読む『赤い韓国 危機を招く半島の真実』櫻井よしこ、呉善花著 反日の背後に北朝鮮の暗影 この厄介な国とどう距離をとるか – 産経ニュース
息を吐くように嘘を吐く, 韓国 コメントはまだありません



 平素より尊敬している女性論客二人の対談本を興味深く読んだ。

 対談者の一人は、常に大所高所から日本と世界の情勢を俯瞰(ふかん)するジャーナリストの櫻井よしこさん、もう一人は、歴史や国民性など深い視点から朝鮮半島問題に取り組むことで知られる拓殖大学の呉善花教授。大物二人がひざを交えて「韓国」に縦横無尽に斬り込んでおり、大変読み応えのある痛快な一冊になった。

 お二人は、韓国のあまりにも歪(ゆが)んだ歴史認識の理不尽さ、言論封殺や「見せしめ裁判」を堂々と行う、その「暗黒国家」の体質、国家間の合意や約束を平気で破るその身勝手さなどを一つずつ拾って厳しく批判。それこそが一流ジャーナリストと一流学者共有の冷静さと論理性を持って、それら「韓国病」の歴史的形成要因や、その背後の文化的・思想的ルーツに対して深い分析を行っている。

 半島問題に関心のある評者も彼女たちの分析から多くのことを学んだが、そのなかで、私がとくに衝撃を持って接したのは、韓国の「反日」と「親北」の深い関連性についての解説である。

続きを読む






コメントを残す