(北朝鮮を読む)抑留735日、米国人ケネス・ベーの証言:1 訪朝18回目、手慣れたはずだった(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (北朝鮮を読む)抑留735日、米国人ケネス・ベーの証言:1 訪朝18回目、手慣れたはずだった(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 北朝鮮に抑留されていた米大学生オットー・ワームビア氏が今年6月、昏睡(こんすい)状態で帰国して間もなく死亡し、国際社会に衝撃を与えた。北朝鮮は他にも外国人を抑留している。彼らはどんな境遇にあるのか。北朝鮮の狙いは何か。2012~14年に約2年間抑留された韓国系米国人ケネス・ベー(ペ峻皓〈ペジュンホ〉)氏の証言を連載でたどる。

 ■荷物に映像記録…連行/「私は大事な外交カード」
 2012年11月3日、中朝国境に近い北朝鮮・羅先(ラソン)経済特区。ケネス・ベーが入国管理事務所で通関しようとしたところ、係官がスーツケースを調べ始めた。……本文:5,155文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す