【目線~読者から】稲田防衛相辞任「もっと早く更迭すべきだった」(7月26 … – 産経ニュース

Home » 中国 » 【目線~読者から】稲田防衛相辞任「もっと早く更迭すべきだった」(7月26 … – 産経ニュース
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



 稲田朋美防衛相が7月28日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題の責任を取って辞任=29日付1面など。

 「都議選大敗は『自衛隊としてよろしく』と発言した稲田氏のせい。安倍政権がどれだけ迷惑をこうむったか」(神奈川県、80代男性)▽「もっと早く更迭すべきだった。安倍晋三首相はかばい過ぎた」(東京都、72歳男性)▽「かつては理路整然とした論理思考、強い信念に基づく主義主張に共感を覚えたが、国防を担う地位に就いたとたん、別人になったみたいだった。8月15日の靖国神社参拝から出直してほしい」(男性)▽「在任中、尖閣諸島に日米安保条約第5条が適用されたり、日韓防衛ホットライン開設など国防の基礎固めが順調だった。いろいろ批判はあるけど、お疲れさまでした」(女性)

 同時に発表された日報問題に関する特別防衛監察の結果は事実関係に踏み込まず、玉虫色の内容。「日報」の位置づけについて、稲田防衛相時代の昨年末、防衛相政策参与を辞任した森本敏氏は《行政文書の隠蔽(いんぺい)は許されないが、日報が公開すべき行政文書かどうか、個人の電子データをどこまで行政文書とするか見直すべきだ》(8月2日付正論)と主張。

続きを読む






コメントを残す