予備自衛官の制服は自腹でクリーニング!? – ニフティニュース

Home » 中国 » 予備自衛官の制服は自腹でクリーニング!? – ニフティニュース
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



◆「自衛隊ができない10のこと 09」

 北朝鮮がミサイル発射実験を繰り返す日本海。宮古島海峡上空を執拗に飛行する多数の中国空軍爆撃機。日本を取り巻く環境はさらに危機的な状況になってきています。報道されずお茶の間では話題にならないかもしれませんが、尖閣諸島沖の接続水域では、中国の武装した漁船や公船が我が物顔で溢れかえり、ほんの数隻の海上保安庁の巡視船と海上自衛隊の船が公船を追っかけまわしている状況と聞きます。

 それでも、我が国は防衛予算を先進諸国では標準のGDP比2%の予算にすら、遥か手が届かない現状です。人員も装備なく、継続しての戦闘能力をもたないままです。必要な予算がとれないため、削りに削った運用であちこちにひずみが出ています。

 予算拡大せずに応急的に人員不足に対処する方法として、「予備自衛官制度」があります。常勤の自衛官を増やせば固定費で人件費がかかりますが、常勤自衛官ですら必要な人数を確保できない状況です。非常事態に召集できる定期的に訓練を積んでいる元自衛官などで構成された予備自衛官を登録しておくことで、通常コストは安くおさえられ、イザというときに対処できると考えたわけです。

 予備自衛官制度は自衛隊退職者などのすでに能力のある人からの志願制度になります。予備自衛官のなかでとくに即応自衛官はもっとも練度が高く、防衛招集命令、治安招集命令等で召集を受けたときには出頭した日からそのまま自衛官となって職務を遂行することとなっています。






コメントを残す