河野氏、中韓外相と7日初会談=日米韓も – 時事通信

Home » 中国 » 河野氏、中韓外相と7日初会談=日米韓も – 時事通信
中国, 尖閣諸島 コメントはまだありません



 【マニラ時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議出席のためフィリピン訪問中の河野太郎外相は7日、中国の王毅、韓国の康京和両外相と個別に会談する。外務省が6日、発表した。いずれも初顔合わせで、河野氏は信頼関係を構築し、北朝鮮問題などで連携を密にしたい考えだ。

北朝鮮情勢に「重大な懸念」=ASEAN外相会議が緊急声明

 河野氏は王氏との会談で、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入や、東シナ海の日中中間線付近でのガス田開発に懸念を伝達。康氏に対しては、慰安婦問題に関する日韓合意の着実な履行を求める見通しだ。
 河野氏は7日、ティラーソン米国務長官と康氏との日米韓外相会談も開催し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を加速させる北朝鮮への対応を協議する。国連安全保障理事会が制裁強化決議を採択したことを踏まえ、中国やロシアに厳格な履行を求めていく考えで一致するとみられる。 (2017/08/06-20:24) 関連ニュース

【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す