中国外相 日本の南シナ海対応に不快感 – NHK

Home » 中国 » 中国外相 日本の南シナ海対応に不快感 – NHK
中国, 南シナ海 コメントはまだありません



中国の王毅外相は、7日、訪問先のフィリピンで河野外務大臣と会談し「率直に言って失望した」と述べたことについて、南シナ海の問題への日本の対応が原因だと説明し、改めて不快感を示しました。

ASEAN=東南アジア諸国連合の一連の外相会議に合わせて、フィリピンの首都マニラを訪れている中国の王毅外相は7日、河野外務大臣と会談し、一連の会議で河野大臣が行った発言について「率直に言って失望した」と述べました。

これについて王外相は、7日夜の記者会見で、日本とアメリカ、それにオーストラリアの3か国が、南シナ海における海洋紛争への深刻な懸念を示した共同声明を発表したことに触れ「どんな発言が中国を失望させたのか声明を見ればわかるはずだ」と述べて、南シナ海の問題における日本の対応が原因だと説明しました。

そのうえで、8日閉幕するASEANの一連の外相会議について「最大の進展は、中国とASEANが努力して南シナ海の情勢を安定させたことだ」と強調し、地域の消極的な動きは当事者以外の国によるものだとして、日本やアメリカに改めて不快感を示しました。

その一方、河野大臣については「外交理念を語っている際につきあうことのできる人だと感じた」とも述べ、今後の外相どうしの関係や日中関係の改善に前向きな姿勢も示しました。






コメントを残す