江崎大臣 日米地位協定“見直し”と異例の発言、識者「協定を担当するのは外務大臣」 – AbemaTIMES

Home » 韓国 » 在日 » 江崎大臣 日米地位協定“見直し”と異例の発言、識者「協定を担当するのは外務大臣」 – AbemaTIMES
在日, 韓国 コメントはまだありません



 また、沖縄の普天間基地所属の輸送機オスプレイが今月5日、オーストラリア沖で墜落したことを聞かれると、「やっぱり日米地位協定、もう少し見直さないと。1カ月くらい前ですか、海辺に落ちた時も、事故の報告をと米軍に願ったんですがいまだ報告されておらんのかな」と、2016年12月に沖縄県名護市の浅瀬にオスプレイが不時着、大破した件に絡め言及。続けて、「最低でも操縦ミスだったのか、機体が好ましくないのか、こういったことはやはり返事をいただきたい。地位協定も直すところは直すと、私は門外漢だけど、そういう気持ちを持っている」とコメントした。

 江崎大臣が言及した「日米地位協定」とは、在日アメリカ軍の地位について定めたもの。名護市のオスプレイ事故の時はこの協定に阻まれ、日本は事故の原因を調査することはおろか、機体に触れることすらできなかった。日本政府はこれまで、日米地位協定について「改定」ではなく「運用の改善」にとどめてきたが、一閣僚が「見直し」に言及するのは異例のことだ。

 その後、沖縄県・平和祈念公園での会見では、「今後ともアメリカに対して言うべきことは言い、目に見える改善を一つひとつ積み上げていくなかで、日米地位協定のあるべき姿を追及していくべきではないか? このような気持ちを申し上げたものであります」と、見直しを“改善”に改めた。

 社会学博士で政策・メディアに精通する東京工業大学准教授の西田亮介氏は、9日の『けやきヒル’sNEWS』(AbemaTV)で、江崎大臣の発言に「自身の業務の範囲をよく理解されていないのでは」と苦言を呈した。






コメントを残す