核実験、先住民へ「遅すぎた支援」 豪州、英最後の実験から60年(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » 核実験、先住民へ「遅すぎた支援」 豪州、英最後の実験から60年(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 冷戦下の1950年代、米ソの核開発に後れを取るまいと、英国も核実験を繰り返した。実験の場は、旧植民地オーストラリアの内陸部。先住民アボリジニーが暮らす土地だった。最後の実験から60年の今年、豪政府はようやくアボリジニーへの医療支援を発表した。人々は「遅すぎた支援」を嘆きつつ、苦い記憶を受け継ごうとしている。

 豪南部グレートビクトリア砂漠の南端、マラリンガ。約60年前、少年だったサニー・ペッパーさんは、軍のトラックの荷台に乗った、自分と同じアボリジニーの人々に遭遇した。
 「ここから避難しろ」。そう言われ、同じトラックに乗せられた。……本文:3,509文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す