(核心の中国)失脚:8 諜報機関と関係、「敵」を攻撃(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (核心の中国)失脚:8 諜報機関と関係、「敵」を攻撃(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 中国共産党の習近平(シーチンピン)指導部のメンバーを告発し続ける中国人実業家、郭文貴とは、そもそもいかなる人物なのか。
 4月末、郭は朝日新聞ニューヨーク支局の記者の取材に応じて語った。
 「数十年前から、中国公安省や国家安全省に頼まれて仕事をしてきた」
 セントラルパークをのぞむ豪華ホテルの上層階。郭は冗舌だった。国家安全省とは諜報(ちょうほう)機関である。
 郭は山東省の農村生まれ。中学を卒業し、1990年代に隣の河南省で不動産業を始めた。成功のカギは地元政府トップと深い関係を築いたことだった。
 「役に立つと思えば相手のことを徹底的に調べて近づくのが彼のやり方」。……本文:1,558文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す