(核心の中国)失脚:10 釈明か捜査か、40日の雲隠れ(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (核心の中国)失脚:10 釈明か捜査か、40日の雲隠れ(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 中国人実業家、郭文貴から親族らを巡る疑惑を告発された王岐山(ワンチーシャン)・党中央規律検査委書記は、5月13日に訪中した外国要人と会談したのを最後に、メディアから姿を消した。
 そのニュースを見たメディア関係者は「画面に映った王は、明らかに精彩を欠いていた」と振り返る。
 約3週間後の6月7日。王がトップを務める党中央規律検査委が習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)の重要講話の精神を学ぶ会議を開いた。内容はその日のうちに検査委のホームページで報告されたが、会議が「王の指示で開かれた」とあるにもかかわらず、出席者の中に王の名前はなかった。……本文:1,552文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す