「虚心坦懐に議論を」 北朝鮮に重ねて対話要求=韓国

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 「虚心坦懐に議論を」 北朝鮮に重ねて対話要求=韓国
聯合ニュース コメントはまだありません



【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は17日、記者団に対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)に行った演説で北朝鮮に対し朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族の再会や軍事当局者会談の開催を重ねて提案したことについて、「互いの関心事を虚心坦懐(たんかい)に議論することを期待する」として、「北側が前向きに応じるようあらためて促す」と述べた。

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「韓国政府は北に対する敵視政策を取っておらず、北の崩壊や吸収統一を追求しない」と表明。「朝鮮半島の平和、南北の和解と協力はわれわれが追求する確固たる目標であり原則」と強調した。

 その上で、「このためには南北間の対話と協力を再開しなければならず、南北関係の改善と核問題の解決が好循環を生まなければならないというのが政府の一貫した立場」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr


















コメントを残す