まるで童話の世界!「中国で最も美しい駅」は日本人の手で建てられた? =中国報道 – サーチナ

Home » 中国 » まるで童話の世界!「中国で最も美しい駅」は日本人の手で建てられた? =中国報道 – サーチナ
中国 コメントはまだありません



 中国は広大な国土を持ち、全土に鉄道網が張り巡らされており、そのため中国には数え切れないほどの駅が存在する。中国にある鉄道の駅舎の形は日本と同じでそれぞれ異なるが、中国メディアの今日頭条は10日、「中国で最も美しい駅は日本人によって建設されたものだった」という記事を掲載した。

 記事が「中国で最も美しい駅」として紹介したのは、内モンゴル自治区にある阿爾山(アルシャン)駅だ。1937年に日本軍が駐屯した際に建設されたものだという。記事によれば、駅舎は「とんがり屋根の2階建て建築」で、1階の外壁は花崗岩を切って敷き詰めた石壁で赤褐色の屋根をしていて、「東洋の風格を持つ日本式の建物」らしい。

 「中国で最も美しい駅」とされる阿爾山駅だが、誰がどのように評価したものかは不明だ。だが、中国では確かに「中国で最も美しい駅」と呼ばれているようだ。今でこそモルタルで補修されているが、この駅舎には銃弾が貫通して出来た穴があり、戦いの名残があるという。

 内モンゴル自治区ヒンガン盟の秘境にある駅だが、「黄昏時に駅から夕日を眺めると、童話の世界に紛れ込んだように感じることができ、それが中国の駅舎の中で最も美しい駅舎の1つ」とされる理由とのことだ。

 記事は、「阿爾山市には、駅舎以外にも、阿爾山国家森林公園、阿爾山天池、石塘林、松葉湖、鹿鳴湖、玫瑰峰、摩天岭などの非常に美しい景色が見られるところがたくさんある」ことを紹介しており、駅も含めて訪れる価値のある場所だと伝えている。

 記事に取り上げられた駅舎が、かつての日本軍によって建設されたことに対しては賛否両論あるだろうが、建築物に罪はない。冬は寒さが厳しそうな場所だが、今の季節は非常にさわやかな風が吹いていて、観光にはちょうど良いことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)13544322342/123RF)






コメントを残す