日本人は毎日刺身を食べている? 中国人が抱く間違ったイメージ=中国報道

Home » 媒体 » サーチナ  » 日本人は毎日刺身を食べている? 中国人が抱く間違ったイメージ=中国報道
サーチナ  コメントはまだありません



 最近、中国人の間で日本食の人気が高まっており、日本食を提供するレストランや日本式の居酒屋風のお店が次々にオープンしている。だが、中国人がイメージする日本食と、実際に日本で食べられている食事の間には、若干のギャップが存在するようだ。中国メディアの今日頭条は10日、「中国人が考える日本食の間違いはどれだけあるのか」を考察する記事を掲載した。

 中国では最近、若者を中心に刺身の人気が高まっているが、日本では新鮮で安い刺身が手に入るものの、「日本人は毎日刺身を食べているわけではない」と紹介。また、「日本食はすべて生で、冷たい」というイメージは間違っていて、暖かいご飯のうえに生卵をのせ醤油をかけて食べる「卵かけごはん」なる料理もあることを紹介した。

 次に記事は、「日本食はすべて薄味で健康的」というイメージも間違っていると紹介。記事は、すき焼き定食、しょうが焼き定食、天ぷら定食など、脂っこくて高カロリーの食事もたくさんあることを強調、日本古来の食事は健康的だったが、経済発展と共に食生活が変化してきて、「生活習慣病」を患う日本人が非常に増えていることを紹介した。

 最後に、「すべての日本料理店ですしが提供される」というイメージも間違っていることとして紹介している。日本以外の国では、「日本料理=すし」というイメージを持つ人がいるようだが、すしは日本料理の1つのジャンルに過ぎず、すしを提供していない日本料理店もあるし、日本の一般家庭では毎日すしを食べているわけでもないことを紹介した。

 まとめとして記事は、「日本人もフランス人は毎日フランスパンを食べているとか、インド人はカレーがないと生きていけない」というイメージを持っており、「しかも中国には存在しない天津飯を本場の中華料理だと誤認している日本人もいる」とし、こうした誤認はお互い様であると指摘した。思い込みは恐ろしいもので、勝手にその国のイメージを頭の中で作り上げてしまう。もっと多くの中国人に和食の文化について知ってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】
日本に降り立ったら「感情一変」、そのまま暮らしたいと「定住」を願う人も=中国
少子化のせい?日本のランドセルは高機能だが「値上がりが止まらない」=中国報道
最も恐るべき日本との差は、目には見えない「規則やルールに対する態度」=中国
中国人旅行客は日本で車を運転できないぞ!「偽造の国際運転免許証なんてもってのほか」=中国
「非常に独特」な日本文化を調べてみると「日本人の自信と向上心が見えてくる」=中国報道






コメントを残す