日本人僧侶ら、台湾の寺院で昭和天皇ゆかりの文化財拝観 約90年前に結んだ縁で(中央社フォーカス台湾)

Home » 中国・台湾 » 日本人僧侶ら、台湾の寺院で昭和天皇ゆかりの文化財拝観 約90年前に結んだ縁で(中央社フォーカス台湾)
中国・台湾, 中央社フォーカス台湾, 台湾 コメントはまだありません



(嘉義 16日 中央社)南部・嘉義県の新港奉天宮には、日本統治時代に臨済宗妙心寺派の大本山・妙心寺(京都府)から贈られた、昭和天皇の長寿を願う「今上天皇御寿牌」や保管のための奉安庫、証書、写真などが残されている。16日、妙心寺霊雲院住職の則竹秀南氏が30人余りの交流団を率いて同宮を訪れ、これらの文化財を拝観した。

則竹氏によると、妙心寺は1928(昭和3)年、台湾の寺院20カ所に今上天皇御寿牌を安置した。当時、南部では3寺院が選ばれたが、現存するのは新港奉天宮のみだという。則竹氏は、同宮が約90年も大切に保管してくれていることをうれしく思うと語った。

今上天皇御寿牌は2013年、嘉義県の有形文化財に指定されている。

(江俊亮/編集:塚越西穂)

【関連記事】



コメントを残す