(朝鮮日報日本語版) 【コラム】批判なき文在寅ブーム(朝鮮日報日本語版)

Home » 媒体 » 朝鮮日報日本語版 » (朝鮮日報日本語版) 【コラム】批判なき文在寅ブーム(朝鮮日報日本語版)
朝鮮日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



 公正取引委員会の金尚祖(キム・サンジョ)委員長が企業経営者を見下す発言について謝罪した。ネイバーの創業者をスティーブ・ジョブズ氏にはかなわないとけなしたことでひどい目に遭った。それに隠れてもう一つの舌禍があった。金委員長はある講演で文在寅(ムン・ジェイン)大統領をジョブズ氏に例え、大統領が「第2のスティーブ・ジョブズへと進化している」と述べた。文大統領は長所が多いが、いくら考えても革新家のイメージが湧かない。何が「第2のスティーブ・ジョブズ」なのか。大統領が喜ぶとでも思ったのだろうか。

 疾病管理本部のホームページにはこんな驚くべき記事も載った。「私たちが知らなかった文大統領の秘密」と題する記事は、文大統領の臓器提供同意に関する内容だった。記事は3年前に文大統領が「密かに」申請書を提出したとし、「生命尊重の価値を自ら実践した大統領」だと持ち上げた。3年前に明らかにされなかったことを今になってなぜ公表したのか。いくら物事に適当な公務員でもこんなことまでするとは。

 ポータルサイトでは先月、「ありがとう文在寅」が検索ワードの1位になった。文大統領の支持者が企画した就任100日目のプレゼントだった。支持者が組織的に同じ単語を検索したのだった。まるでアイドルのファンと同じやり方だ。文大統領も自撮り写真でそれに応えた。大統領府(青瓦台)での飼い猫との生活についても明かした。芸能人のブログと錯覚する内容だ。

 文大統領の人気はトップアイドルを彷彿(ほうふつ)とさせる。芸能界の熱狂的ファンとよく似ている。支持者は大統領を「私たちのイニ」(イニは大統領の名前の愛称)と呼ぶ。大統領の登山服、履き古した靴に甲論乙駁(おつばく)状態だ。文在寅グッズも人気を集めている。人気作曲家がつくったという大統領にささげる曲まで登場した。

 文大統領はアイドル級の人気を集める最初の大統領だ。さまざまな理由が考えられる。前任者に対する反作用が大きく、大統領府によるイメージ管理も熟達している。何よりも文大統領の「商品力」が強い。感性に訴える大衆との意思疎通能力に優れている。

 しかし、明確にしておくべきことがある。高支持率は必ずしも国政に対する支持ではない。「文在寅現象」は一種の文化トレンドだ。個別の政策課題には反対意見も根強い。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)や北朝鮮の核問題への対応、脱原発などは反対意見が多数派だ。大衆が支持しているのは政策よりもイメージとスタイルだ。

 70%という支持率は驚くべき数字だ。とはいえ、数値が絶対だと考えてはならない。支持率に酔えば、国がおかしな方向へ流れていく。今そんな副作用が起きている。大統領府と与党は支持率を万能の剣かのように振り回している。異論を黙殺し、批判を「積弊」と決め付ける。反対すれば「政権交代に不服なのか」と問い詰める。周囲を側近で固めた人事も支持率を信じたからだろう。支持率が国政の一方通行を合理化する名分になっている。

 大統領の熱狂的支持者は腕章を付けた紅衛兵の役割を果たしている。ターゲットを決めてメール爆弾を送り、集団攻撃を浴びせる。「イニ、思い通りにやって」が彼らのスローガンだ。彼らにとって文大統領は絶対的な善だ。盲目的に無条件で支持しているにすぎない。

【関連記事】



コメントを残す