比のデザイナー、9人の「手作り」展 バッグや雑貨…40種類 丸の内で26日まで – 東京新聞

Home » 韓国 » 在日 » 比のデザイナー、9人の「手作り」展 バッグや雑貨…40種類 丸の内で26日まで – 東京新聞
在日, 韓国 コメントはまだありません



写真

 フィリピンの気鋭デザイナー九人が手掛けたバッグや雑貨など四十種類を紹介する「フィリピン・デザイン『すべて、手作り』展」=写真=が、千代田区丸の内二のJPタワーKITTE(キッテ)三階にあるグッドデザイン賞商品の販売店で開かれている。二十六日まで。

 フィリピンで産出するニッケルや銅でできた細い素材を編み込み、木の枝を取っ手にしたバッグや、同国のお祭りで使う仮面をモチーフにしたポーチなどが並ぶ。価格は四千円台から九万円台。

 在日フィリピン大使館の貿易アドバイザー、野中英彦さん(70)は「七千百の島からなるフィリピンには多くの固有の文化があり、外国の文化と融合し、新たな文化が生まれた。日本では目新しいデザインもあるはず」と説明する。

 会場の販売店を運営する野原ホールディングス(新宿区)の渋谷康一室長(38)は「フィリピンには凝ったデザインの商品も多い」と話す。

 問い合わせはGOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA=電03(5220)1007=へ。営業時間は午前十一時〜午後九時(日祝午後八時まで)。 (川上義則)

この記事を印刷する






コメントを残す