米韓首脳が電話協議、北朝鮮への経済制裁強化で一致 – 朝日新聞

Home » 北朝鮮 » 米韓首脳が電話協議、北朝鮮への経済制裁強化で一致 – 朝日新聞
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



 トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は17日午前、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応について電話で協議した。韓国大統領府が発表した。両首脳は、北朝鮮による15日の弾道ミサイル発射を強く批判し、さらに経済制裁を強化することで一致した。

 両首脳は、北朝鮮による挑発の継続が、外交的な孤立と経済的な圧迫につながり、北朝鮮の没落につながることを悟らせるよう制裁を強化するとした。トランプ氏は米韓同盟の強化のため、必要な協力を惜しまない考えを表明。文氏も、最新鋭兵器の韓国への売却を進めるとしたトランプ氏の考えを評価した。

 一方、北朝鮮の労働新聞(電子版)は17日付の論説で、「米国と追従勢力の制裁圧力騒動を自力更生の威力で粉砕する」と強調した。朝鮮中央通信によれば、政府機関紙「民主朝鮮」は同日、日本による北朝鮮批判について「敵対意識と、米国の後ろ盾で侵略戦争挑発の突撃隊になる下心の表れだ」と非難した。(ソウル=牧野愛博)






コメントを残す