中国・党大会まで1カ月 習政権は一期目の実績を強調も、現実と大きなギャップ – ZUU online

Home » 中国 » 中国・党大会まで1カ月 習政権は一期目の実績を強調も、現実と大きなギャップ – ZUU online
中国 コメントはまだありません



中国では第19回党大会(10月18日)まで1カ月を切り、習政権一期目の総括が盛んになっている。もちろん成果を誇るものばかりではあるのだが。各地方メディアも我が省、我が市ではこの5年でこう変わったという記事を連発している。全国データはCCTV系の央視網の評論を各ニュースサイトが転載している。

記事は習政権一期目に1500項目にのぼる改革に着手したと強調した。全力を挙げて推進した結果、経済システムの調整と産業の高度化は加速した。そして経済の持続的発展にとって新しい動力源になっているという。以下データを確認して考察してみたい(1元=16.9元)。

収入と就職 ジニ係数は下落、就業人口は増加

習近平,中国経済,中国政治
(写真=plavevski/Shutterstock.com ※写真は米国内の店舗)

収入

2013年以来、都市農村住民の年収入は、平均7.4%増加した。GDPの増加と歩調を合わせた増収を実現した。収入の格差も縮小し、ジニ係数は2013年の0.473から2016年には0.465に下がっている。

就職

2013年から2016年の間、都市における就業人数は累計で5258万人増加した。4年連続で1300万人以上の増加を維持している。また1800万人の都市貧困層の最低生活保証を行い、900万人の都市失業者に対し、無償の職業訓練を施している。

考察

一方では1000万元長者が5年間で2倍に増えたというデータもある。裏帳簿も考え合わせると、所得格差は拡大していると見ていい。就職も大卒初任給が下落するなど、高度なスキルを持つ人員以外の就職は楽ではない。

教育と社会保障 学資援助に注力、社会保障も拡大

教育

中西部農村地区からの大学進学機会に留意し、2016年には同貧困地区出身の学生が9万1000人となり、前年比21.3%増加した。学資援助にも力を入れ、全国92%の職業高校生の学費免除を実現し、40%の職業高生、25%の高等職業学生が奨学金を得ている。

社会保障

中国の労働者医療保険、都市住民医療保険、新型農村合作医療の加入者は13億人に達し、人口の95%以上をカバーした。都市住民に対する1人当たり医療補助は、2012年の240元から2015年には380元に上昇している。

考察

医療保険加入率は各地方政府も発表している。一番多いのは95%超えという数字で、次に多いのは90%超え。中には100%の市もある。ただ単にそれらの中央値を発表したというだけだろう。

医療と住宅 医薬分業に力を入れ薬品費を削減

医薬分業

2017年4月、北京で医薬分業総合改革を開始、4週間で3600カ所の医療機関を調査し、4億2000万元の薬品費を節約した。今後も200の公立病院で改革を続ける。

居住条件

2016年中に全国で600万棟に及ぶ都市集合住宅を改築した。また中央政府によって314万戸の農村の危険な住宅も改造している。

批評

最近、筆者の知人女性の夫が複数の結石で手術、入院した。彼女は担当医に1000元の心付けを渡した。ところが同室の患者は6000元も手渡していた。病院側の差別待遇はひどいものだったという。中国の医療は体制の改革以前の問題だ、風土そのものに根深い病根がある。

全体総括 データと実態にはかい離がある

中国の現実は、習政権一期目のデータほどには明るいものではない。いい加減なデータも相変わらずまかり通っているし、問題は山積したままである。

しかし中国人は問題慣れしている。さらに自分さえよければそれでよいという精神が先に立つ。そのため社会問題解決へのアプローチは常に弱い。権力は治安さえ守っていればそれでよいと割り切っているように見える。大きな社会変動はなさそうである。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
ビジネスもプライベートも「プラチナ」カラーに染める(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
都心・駅近物件のみの新しい投資商品とは(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
情報は欲しいけど有料は…な方におすすめ「情報の宝庫」ネット証券 (PR)




中国・党大会まで1カ月 習政権は一期目の実績を強調も、現実と大きなギャップ

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします



コメントを残す