韓日経済人会議 ソウルできょう開幕=第4次産業革命時代を共に

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 韓日経済人会議 ソウルできょう開幕=第4次産業革命時代を共に
聯合ニュース コメントはまだありません



【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の経済界を代表する企業のトップら300人余りが集まり、第4次産業革命時代にふさわしい両国の新たな協力の道を模索する第49回韓日経済人会議が26、27の両日、ソウルのロッテホテルで行われる。

 会議は1969年に始まり、両国で毎年交互に開催している。

 今回の会議は「激動する国際情勢と新しい韓日協力の方向:第4次産業革命時代を共に開こう」をテーマに、変化を続ける世界の新たな分野に対する挑戦と協力を通じ両国が進む方向について議論する。

 韓日経済協会の金ユン(キム・ユン)会長と日韓経済協会の佐々木幹夫会長が両国の代表として参加するほか、産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官と長嶺安政・駐韓日本大使が来賓として出席する。

 また、全国経済人連合会(全経連)の許昌秀(ホ・チャンス)会長、日本貿易振興機構(ジェトロ)の石毛博行理事長が基調演説をする。平昌冬季五輪・パラリンピックの組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)組織委員長は五輪PRする予定。

 27日の全体会議では「保護貿易主義の台頭と韓日の対応」、「韓日の世界史的役割」、「第4次産業革命時代の韓日協力策」、「今後の韓日両国企業の協力形態」などをテーマに両国の専門家などによる発表が行われる。

 韓日経済協会の徐錫崇(ソ・ソクスン)副会長は同会議について、「激動する国際情勢の中で今後の50年を見通す未来指向の韓日協力案について真剣に議論する場になるだろう」と説明した。

yugiri@yna.co.kr


















コメントを残す