正恩氏、トランプ大統領にびびった?B-1B撃墜宣言「米国が宣戦布告した以上…」 米報道官「ばかげている」(夕刊フジ)

Home » 国際総合 » 正恩氏、トランプ大統領にびびった?B-1B撃墜宣言「米国が宣戦布告した以上…」 米報道官「ばかげている」(夕刊フジ)
国際総合, 夕刊フジ コメントはまだありません



 狂気の言動を繰り返している北朝鮮がまた吠え立てた。李容浩(リ・ヨンホ)外相が、米国の言動について「明白な宣戦布告だ」と述べ、米軍のB-1B戦略爆撃機の「撃墜」まで主張した。北朝鮮は同爆撃機を恐れている裏返しとみられ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を守るため、なりふり構わぬ行動に出る恐れも否定できない。

 「米国が宣戦布告をした以上、戦略爆撃機がわれわれの領空を越えなくても、撃ち落とす権利を含めて、あらゆる自衛的対応を取る権利を考慮することになる」

 ニューヨークを訪問中の李氏は25日、こう強調した。

 李氏のいう「宣戦布告」とは、ドナルド・トランプ米大統領の発言や北朝鮮の軍事的威嚇抑止を目的にしたB-1B戦略爆撃機の飛行を指す。

 国連総会の一般討論演説(23日)で「米本土への先制軍事攻撃」に言及した李氏に対し、トランプ氏は同日、ツイッターに「彼がチビのロケットマン(正恩氏)の考えに同調しているのであれば、両者とも遠からず姿を消すことになるだろう」と投稿した。

 さらに、米国防総省は同日、米領グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB-1B戦略爆撃機2機が北朝鮮東方沖の国際空域を飛行したと発表した。

 「死の白鳥」と呼ばれるB-1B戦略爆撃機の飛行を北朝鮮は警戒し、国営メディアによる反発を繰り返している。今回の飛行は、今世紀に入ってからの米軍機の飛行として、南北軍事境界線を越えて最も北方まで侵入したものだった。それだけに、北朝鮮にかつてない衝撃を与え、李氏の「宣戦布告」発言につながった可能性がある。

 朝鮮中央通信はその後、狂気としかいいようのない報道を繰り返している。24日に伝えられた朝鮮アジア太平洋平和委員会の声明では、トランプ氏を「麻薬中毒症状のような狂人毒舌にだけ執着して事態を収拾不可能な険悪な境地へ追い込んだ」と支離滅裂な主張で批判した。

 李氏の発言に対し、サンダース米大統領報道官は「私たちは宣戦布告していない。ばかげた指摘だ」と反論した。だが、「太平洋上での水爆実験」まで口にする無法国家が米軍におびえる余り、なりふり構わない行動に出る恐れもある。

 北朝鮮では来月10日、朝鮮労働党の創立記念日という節目を迎える。国際社会は最大級の警戒が必要だろう。






コメントを残す