“坂の上の大学” 平地が少ない韓国・釜山「おかげで足が太くなりましたよ」(西日本新聞)

Home » 国際総合 » “坂の上の大学” 平地が少ない韓国・釜山「おかげで足が太くなりましたよ」(西日本新聞)
国際総合, 西日本新聞 コメントはまだありません



 韓国・釜山市内の大学へ行くことが決まると、少し身構えてしまう。次はどのくらい急な坂の上にあるのだろうか…。

⇒【画像】釜山外国語大は構内も坂が多く、エスカレーターなどが設置されている

 人口に対し平地が少ない釜山では、ほとんどの大学が傾斜地にある。地元、釜山日報の記者に聞くと、代表的な“坂の上の大学”は釜山外国語大、東義大、東西大。いずれも標高数百メートルの山の頂上付近にある。

 この3大学へもし最寄りの地下鉄駅から歩いて行くなら、少し前のめりになりながらきつい坂を10~20分上らないといけない。もちろんシャトルバスがあり、慣れたタクシー運転手は初乗り運賃でも嫌な顔を見せない。

 「おかげで足が太くなりましたよ」。同窓生や釜山の人に3大学の話を聞くと、一様に苦笑する。市民の健脚の源かもしれない。

西日本新聞社




【関連記事】



コメントを残す