「小さなロケットマンと交渉は時間の無駄」トランプ氏、国務長官に(西日本新聞)

Home » 国際総合 » 「小さなロケットマンと交渉は時間の無駄」トランプ氏、国務長官に(西日本新聞)
国際総合, 西日本新聞 コメントはまだありません



 トランプ米大統領は1日、北朝鮮の核・ミサイル開発問題を巡りティラーソン国務長官が北朝鮮側と接触を図っていることについて、ツイッターで「ティラーソン氏に小さなロケットマン(金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長)と交渉するのは時間の無駄だと伝えた」と発信。北朝鮮との対話に否定的な考えを改めて示した。

 トランプ氏はこの日、北朝鮮に関してツイッターに3回投稿。ティラーソン氏について「素晴らしい国務長官」と評価する一方、「(米政権が3代にわたり)北朝鮮に好意的な態度を取っても事態打開につながらなかったのに、なぜ今、うまくいくのか」と、対話の模索に疑問を投げ掛けた。

 さらに「無駄なことをせず力をためよう」とティラーソン氏に呼び掛けた上で、具体策は示さなかったものの「われわれは、なさねばならないことをする。私は失敗しない」と述べた。

 トランプ氏と北朝鮮側が激しく非難し合う中、米政府や識者からは北朝鮮に対する圧力強化と並行して、不測の衝突を回避するための対話の必要性を指摘する声も強まり、「10月中にも対話の場が持たれる」などの見方が浮上している。

 しかし、米国が北朝鮮に核兵器の放棄を求める一方、北朝鮮は「非核化に関する対話には関心を示していない」(米国務省)ことから対話の実現は不透明。米メディアは、トランプ氏の発信を「政権内の足並みの乱れではないか」と報じ、真意をいぶかっている。

=2017/10/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社




【関連記事】



コメントを残す