金正男氏、波乱の生涯 「皇太子」一転、追われる身に 殺害から8カ月、関係者が証言(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » 金正男氏、波乱の生涯 「皇太子」一転、追われる身に 殺害から8カ月、関係者が証言(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 マレーシアで2月に殺害された金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏は生前、韓国政府に金銭の困窮や身辺の不安を訴えていた。韓国政府が2016年初めから正恩氏の追い落としを図ったことが、殺害につながったとの見方もある。北朝鮮の「ロイヤルファミリー」から転落した正男氏の数奇な人生を、関係者の証言でたどった。(ソウル=牧野愛博)

 正男氏は1971年、金正日(キムジョンイル)総書記と成恵琳(ソンヘリム)夫人の長男として生まれた。
 金総書記には当時、金英淑(キムヨンスク)氏という夫人がいた。……本文:4,515文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す