(世界発2017)ポルノや殺人、画像見て判別 増えるネット投稿、適否監視といたちごっこ(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (世界発2017)ポルノや殺人、画像見て判別 増えるネット投稿、適否監視といたちごっこ(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 世界中からネット上に投稿される残忍な動画やポルノ写真などを、一つずつ手作業で取り除く下請けの仕事が世界で広がっている。市民の目に触れないようにするためだが、投稿量は増える一方で、残忍な画像を大量に見るうちに病気になる例も出ている。(ロサンゼルス=宮地ゆう)

 毎朝8時過ぎ、米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の家の書斎で、ロシェエル・ラプランテさん(35)はパソコンを開く。小学生の2人の子どもを学校に送り出し、家にはだれもいない時間帯だ。
 パソコン画面には、下着姿の女性がポーズを取っている写真や、裸の男性の写真などが次々と現れる。……本文:4,049文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す