北朝鮮労働党の創建72周年を迎え中国側が祝電送るも“沈黙”…中国の対北制裁履行の動きに反発か(WoW!Korea)

Home » 媒体 » WoW!Korea » 北朝鮮労働党の創建72周年を迎え中国側が祝電送るも“沈黙”…中国の対北制裁履行の動きに反発か(WoW!Korea)
WoW!Korea, 国際総合, 韓国 コメントはまだありません



今月10日、北朝鮮労働党の創建72周年を迎え、中国が祝電を送ったが、北朝鮮媒体はこれを公開せずにいる。昨年に続き今年も“沈黙”を守っている状況だ。

 北朝鮮の代表的な媒体である朝鮮中央通信と労働新聞は中国が北朝鮮に祝電を送ったという事実を11日午後2時現在まで、報道していない。

 ホア・チュンイン中国外交部スポークスマンは前日の定例ブリーフィングで、「北朝鮮労働党の創建72周年記念日に中国側は慣例により北朝鮮側に祝いを送った」と公開した。

 これは中国の国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を履行しようとする動きに北朝鮮が不満を表わしたという解釈だ。これによって中朝関係が次第に悪化しているという観測がある。

 中国は最近、対北朝鮮の石油製品輸出を制限、北漢山(プッカンサン)繊維製品禁輸、中国内中朝合作・合資企業閉鎖など強力な対北朝鮮制裁措置を発表した。

【関連記事】



コメントを残す