米軍ヘリ 訓練場付近で着陸後に出火 沖縄 – NHK

Home » 韓国 » 在日 » 米軍ヘリ 訓練場付近で着陸後に出火 沖縄 – NHK
在日, 韓国 コメントはまだありません



11日夕方、沖縄本島北部のアメリカ軍北部訓練場の近くで、アメリカ軍の大型ヘリコプターが訓練中、機内で火災が起き、緊急着陸のあと炎上しました。けが人はいませんでしたが、現場は訓練場の外の民間の土地で、沖縄防衛局などが詳しい状況を確認しています。

沖縄防衛局によりますと、11日午後5時15分ごろ、沖縄本島北部のアメリカ軍北部訓練場の近くで、普天間基地に配備されているメリカ軍の大型ヘリコプター「CH53」が事故を起こし炎上したと、アメリカ軍から連絡がありました。

沖縄に駐留するアメリカ海兵隊は11日夜、コメントを発表し、「海兵隊に所属するヘリコプターが通常の訓練中、機内で火災が発生し、北部訓練場の外への緊急着陸を強いられた」としたうえで、けが人はなく、原因は調査中だとしています。

NHKのヘリコプターが上空から撮影した映像では、赤い炎が立ちのぼり、周りを消防車やパトカーが取り囲んでいる様子が確認できました。地元の消防によりますと、火はおよそ3時間後にほぼ消し止められたということです。

また、警察によりますと、現場は東村高江の訓練場の外側にある県道70号線沿いの民間の土地で、乗員7人にけがはなく、別のヘリコプターで現場を離れたということです。沖縄防衛局などが詳しい状況を調べています。

アメリカ軍のCH53ヘリコプターは、兵員の輸送などに使われる大型のヘリコプターで、平成16年には、普天間基地に隣接する宜野湾市の沖縄国際大学に墜落する事故があり、乗員3人が重軽傷を負ったほか、大学の校舎や住宅の屋根などが壊れる被害が出ています。






コメントを残す