米軍 南シナ海で「航行の自由」作戦を実施 – NHK

Home » 中国 » 米軍 南シナ海で「航行の自由」作戦を実施 – NHK
中国, 南シナ海 コメントはまだありません



南シナ海で中国が主権を主張する海域で、アメリカ軍の艦艇が「航行の自由」作戦を実施し、トランプ政権として、北朝鮮への対応で中国に協力を求める一方、南シナ海での強硬な主張にはきぜんとした対応をとる姿勢を改めて示す狙いがあると見られます。

アメリカ国防総省の当局者によりますと、南シナ海の西沙(パラセル)諸島の周辺で、10日、アメリカ軍のミサイル駆逐艦「チェイフィー」が「航行の自由」作戦を実施したということです。

この当局者によりますと、「チェイフィー」が航行したのは、中国が実効支配する2つの島の間に広がる海域で、いずれの島からも12海里以上離れていますが、中国はこの海域も一方的に主権を主張しているということです。

トランプ政権下でアメリカ軍が「航行の自由」作戦を実施するのは、ことし8月以来、4回目と見られます。

トランプ政権は、北朝鮮への対応で中国に影響力を行使するよう協力を求める一方、南シナ海をめぐる問題では妥協しない構えを示しており、今回の作戦も中国の国際法を逸脱した強硬な主張にはきぜんとした対応をとる姿勢を改めて示す狙いがあると見られます。






コメントを残す