5年に一度の「羅針盤」 18日からの中国共産党大会前に:上(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » 5年に一度の「羅針盤」 18日からの中国共産党大会前に:上(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 中国の共産党大会が今月18日から始まる。どんな意味があり、焦点は何なのか。整理して、まとめてみた。(北京=古谷浩一)

 ■国家の大方針、何が出てくる
 中国では9月が新学期だ。小学校の新1年生が入学して、「道徳と法治」の授業の教科書を開くと、こう書かれている。
 「私たちは共産主義を引き継ぐ者たちです」
 おそらく多くの1年生たちは共産主義がどのようなものか分かっていないだろう。でも、憲法に「党の指導」を明記している中国で、共産党の存在は絶対的なものだ。子どもたちは小さいときから、この国が一党支配体制にあることをいろんな局面で学んでいく。……本文:5,192文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す