「急成長渡航先ランキング」大阪が2年連続で世界一 東京は6位、アジア勢が躍進 – 産経ニュース

Home » 韓国 » 「急成長渡航先ランキング」大阪が2年連続で世界一 東京は6位、アジア勢が躍進 – 産経ニュース
韓国, 韓国 ランキング コメントはまだありません



 外国人旅行者の来訪(インバウンド)が増え続ける大阪。その伸び率が世界ナンバーワンであると、データで裏付けられた。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2017年度世界渡航先ランキング」によると、渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で大阪が1位に輝いた。アジア勢が上位を占める中、東京や中国、韓国などの各都市を抑えての快挙だ。渡航者の人数は東京が9位、大阪は17位で、ともに前年から着実に順位を上げた。

 調査は世界の主要132都市を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計した。2011年から毎年公表され、調査項目は年を追って拡大されている。08年のリーマンショック後に世界の各都市・地域がどう成長しているかを示す指標としても注目される。

大阪のインバウンド、7年間で4.5倍に

 急成長渡航先ランキングは、09年から16年にかけての渡航者の年平均増加率を示す数値だ。トップ10は次の各都市。

1位:大阪 24.0%

2位:成都(中国・四川省) 22.7%

3位:コロンボ(スリランカ) 20.3%

4位:アブダビ(アラブ首長国連邦) 18.9%

5位:ジャカルタ(インドネシア)18.2%

6位:東京 17.7%

7位:ハノイ(ベトナム) 16.4%

8位:リヤド(サウジアラビア) 15.9%

9位:リマ(ペルー) 15.2%

10位:台北(台湾) 14.5%

続きを読む






コメントを残す