あさひ型護衛艦「しらぬい」が進水、中国メディアが強い警戒感

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » あさひ型護衛艦「しらぬい」が進水、中国メディアが強い警戒感
レコードチャイナ  コメントはまだありません



2017年10月20日、中国メディアの新華社が、日本で護衛艦「しらぬい」の命名・進水式が行われたことについて伝える記事を掲載した。

10月12日、三菱重工長崎造船所であさひ型護衛艦の2番艦となる「しらぬい」の命名・進水式が行われた。防衛省や三菱重工の関係者など約1800人が出席し、「しらぬい」と命名された。

この「しらぬい」は、あさひ型護衛艦の2番艦で、「あさひ」同様、全長151メートル、幅18.3メートルで、基準排水量は5100トンだ。日本メディアの報道によると、建造費は約760億円で、最新のレーダーが搭載されており、対潜能力が向上している。「あさひ」は2018年3月に、「しらぬい」は2019年3月に正式に就役する予定だ。

記事は、海上自衛隊はここ数年、装備を強化し続けていると指摘。「あきづき」型護衛艦は2014年までに4隻が就役しており、今年3月には准空母とみなされる「いずも」型護衛艦の「かが」と、そうりゅう型の潜水艦「せきりゅう」を就役させたと伝えた。

また、海上自衛隊は8月、さらなる防衛力の強化のために、2隻の新型護衛艦と1隻の潜水艦を建造することを発表したことや、2018年度の防衛予算請求額が過去最高の5兆2000億円に達したとも伝えた。

こうした動きについて記事は、2015年に安倍政権が安保法案を強行採決したことで、海上自衛隊は米海軍の保護や給油任務を行うことができるようになり、自衛隊の存在感が高まっていると分析。安倍政権はさらに憲法改正の目標を推し進め、日本の軍事力を強化し、専守防衛の現状を変えようとしていると主張した。(翻訳・編集/山中)






コメントを残す