THAAD:韓国大統領府「交渉妥結は文大統領夫妻のおかげ」 – 朝鮮日報

Home » 韓国 » 朴槿恵前大統領逮捕 » THAAD:韓国大統領府「交渉妥結は文大統領夫妻のおかげ」 – 朝鮮日報
朴槿恵前大統領逮捕, 韓国 コメントはまだありません



 韓国大統領府は韓国と中国による今回のTHAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)合意について、会見で「今年7月にドイツで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議から水面下での交渉が始まっていた」と説明した。G20で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平・国家主席は首脳会談を行い、大枠での関係改善に合意。その後行われた双方の実務担当者による複数回にわたる協議でも「韓中関係の改善に向けTHAAD問題を解決することが前提条件」との点で一致したという。

 韓国大統領府のある幹部は31日「THAAD問題の解決は従来の外交的な方法ではなく、政治的な妥結によって実現すると以前から考えていた」と説明した。この幹部によると、韓国政府は交渉に当たり▲交渉の結果は公表されねばならず韓国国民もその結果を堂々と受け入れねばならない▲韓米同盟に無用な誤解や摩擦を生じさせてはならない▲両国国民が「互いの経済交流が正常に向かっている」と実感できるような最終結果を引き出す-との方針で交渉を進めたという。この幹部は「米国とも緊密に協議をしながら、交渉のプロセスを随時伝えていた」「米国も中国に『THAADは第三国を狙ったものではない』と繰り返し説明すると同時に、THAAD報復への懸念も伝えていた」などとも明らかにした。

 また会見で取材に応じた大統領府の関係者たちは口をそろえて「文大統領と夫人の役割も大きかった」と何度も強調したため、記者たちの間から「行き過ぎたご機嫌取り」といった声も出た。ある関係者は「中国側が『文在寅政権は信頼できる。朴槿恵(パク・クンヘ)政権とは違う』と感じたことも解決に向け大きくプラスになったようだ」と説明し、また別の関係者は「文大統領個人に対する信頼も大きかった。中国政府の幹部から『文大統領は信頼できる人物だ』という声を何度も聞いた」と述べた。さらに今年8月にソウルで中国の画家・斉白石の特別展が開催されたことと関連して別の大統領府関係者から「文大統領の夫人がひそかに会場を訪れ、高い関心を示したことで友好的な雰囲気が一層高まった」との説明もあった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>






コメントを残す