(パラダイス文書)環境軽視の企業へ融資 欧州大手銀、租税回避地隠れみの(朝日新聞デジタル)

Home » 国際総合 » (パラダイス文書)環境軽視の企業へ融資 欧州大手銀、租税回避地隠れみの(朝日新聞デジタル)
国際総合, 朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 ■ICIJ・南ドイツ新聞提携

 インドネシアの熱帯林をめぐって、環境破壊を指摘されている同国の大手製紙会社がタックスヘイブン(租税回避地)の法人を抜け穴に、欧州の大手銀行などから融資を受けていた。「パラダイス文書」をもとにした国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の取材でわかった。環境への配慮に欠ける企業への社会的な批判が高まるなか、タックスヘイブンを隠れみのに利用した構図だ。(高野遼、野上英文、シッラ・アレッチ〈ICIJ〉)

 問題のエイプリル社は、インドネシアの2大製紙会社の一つだ。スマトラ島に世界最大級の紙パルプ工場を持ち、安価なコピー用紙などは日本にも輸出されている。……本文:2,143文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社






コメントを残す