強かな韓国の対中対米観 半島の戦略的価値を認識 – Viewpoint

Home » 韓国 » 強かな韓国の対中対米観 半島の戦略的価値を認識 – Viewpoint
韓国, 韓国 コウモリ コメントはまだありません



米中間の「バランサー」を自負

 韓国は民主主義、資本主義経済という共通の価値観で米国、日本と同盟、協力関係を持つ国だが、しばしば、その対極にある一党独裁、共産主義の中国の引力圏に入って行こうとして、両陣営の間で“コウモリ”のような行動を取り、日米から不信の目を向けられることが多い。

 だが、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の主張は違う。米中の間で「バランサー外交」を展開するというのだ。しかし、現実的に見て、世界のスーパーパワーである米国とそれに迫る中国との間でバランサーとして立ち回れる軍事・経済・外交的力量が韓国にあるかといえば、そうではない。日米側から見れば、単に日米韓の軍事同盟・協力体制に楔(くさび)を打ち込もうとする中国側の意図に踊らされているだけ、と映る。


…【全文を読む】




記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ



コメントを残す